2013年4月7日

海の基礎知識 | WATERSサーフィン講座

サーフィンは自然を相手に遊ぶ、すばらしい遊びです。
相手が自然なので、 時には危険な場面もあります。
早く上達するためや楽しくサーフィンするためにまず海のことを知って下さい。
サーフィンの達人は海の達人でもあるのです

 

どこの海でサーフィンするのか?

umikiso1

波というのはどこの海にもありますがサーフィンできる波はいろいろ条件が揃わないといけません。
波は沖合いの深い所からやってきます。
それが岸近くの比較的海底の浅い所で波のあたまが白く崩れます。(ブレイクするという)
サーフィンはこのブレイクする波に乗ります。

この海底の地形によって波のブレイクの質が変わります。
まずはビーチブレイク(砂浜)が最適です。海底が砂なので、
比較的危険も少なく波が小さくてもサーフィンできます。

その他にもリーフブレイク(海底が岩)リバーマウス(川の河口)等でサーフィンできますが
ある程度のスキル、経験がないと危険です。

まず近くのサーフショップを訪ねてみて下さい。
近くでサーフィンを始めるのに適してるサーフポイントを教えてもらって下さい 。
ちゃんとした専門店ならここに書いていることをしっかり教えてくれるはずです。

質問してみて返事があいまいなら違うショップを訪ねるのが得策です。
サーフショップというのはサーフィンをやっていく上でいろんな相談や、
自分にあった道具選びなどで商売をこえた長い付き合いになります。

 

天気

サーフィンするポイントが決まったら、その夜は明日の天気予報を見て寝ましょう。
その日は晴天か、曇りか、雨か、風は、波の高さ等 情報を仕入れてから海にいきましょう。
これが危険回避の第一歩です

 

海の状態

umikiso2

さあ海に着きました。
まず、はやる気持ちを押さえてあなたがすることは車から降りて海をよく観察することです。
サーフィンしている人はいるか、風は吹いているか、海は荒れているか等をよく観察して下さい。
ここで大切なのは、流れです。流れが強いと海に入ったはいいが岸に帰って来れなくなります。

基本的には風は吹いている方向に流れていきますが例外もあります。
まず一人のサーファーを3分は観察して下さい。
その人は沖に向いてボードに座って波を待っているはずです。
その人がどっちに流れていくか見て下さい。流れなければ安全ですし、ほんの少しでも大丈夫です。

海に入る前に目印を決めて入って下さい。
危険なのは波が大きくて沖に向かって流れている場合です。
こういう時は近くの年輩のサーファーに挨拶をして
「初心者なんですが、今日入っても大丈夫でしょうか?」と訪ねて下さい。

危ないといわれたらどこかできるポイントを聞いてみて下さい。
恥ずかしくはありません。初めはみんな初心者なんですから!

 

umikiso3

海は月の引力の関係で潮が満ちたり引いたりしています。
潮がいっぱい満ちている時が満潮、引いている時が干潮といいます。

その日によって潮の動きは違います。
この干満の差が多い日を大潮、少ない日を小潮といいます。

大潮の日は満潮時と干潮時では波の質がまったく変わってしまいます。
その反対で小潮の日は変化はあまりありません。
大潮の日のほうがいい波が立ちやすいのですが、変化が大きいので注意が必要です。

サーフショップの中には無料の潮見表をおいてあるお店もあります。
新聞にもその日の潮見表が載っていますしネットでもチェックできます。

 

コラム1—先輩から教わる

僕はサーフィン歴28年です。(13年現在)16才の秋にサーフィンを始めて今に至るです。中学の時の先輩が サーフィンしててその先輩のモテルこと、モテルこと!もうサーフィンするしかない!この不純な動機がきっかけでした。でもいざ始めるとそんな動機のこと、 まったく忘れて暇を見つけて(暇を作って?)サーフィンしてました。それくらいハマってしまう遊びです。初めはなにもわからなくて本を見て「四国でサー フィンできる」 と知って出発の前日、先輩からもらったボードはあったんですが、ウェットスーツがないことに気付いて ○ナミスポーツにシーガルを買いにいったのを覚えてます。一人旅だったんですが、もう夢中で旅なんて自分では認識してませんでした。その時は結局高知の生見に行ったんですが、始め大阪から船で徳島市に渡りJR(その時は国鉄)で海部まで行きまし た。そこから予約しておいた宍喰の民宿までタクシーで到着。サーフィンしようと海に行ったんですが、波はあるが誰もサーフィンしてません。取りあえず入ってみましたが、ショアブレイクのみなのですぐあがり近くの人に聞いて、みんな生見でサーフィンしてることを知りました。次の日から生見に宿を移して やっと辿り着いたって感じでした。サーフィンしてると(海に入ってただけですが) 偶然先輩や同級生がたくさんサーフィンしてました。先輩からすぐそこから大阪までのフェリーがあることを教えてもらいショックでした(笑)。それからその人たちのいるサーフショップに通い出しいろんなところに連れていってもらったり、大会に出るようになったりといろんなことを学んでいきました ….いろいろ思い出してみると自分の周りのたくさんの先輩がいたからこそ今もサーフィンしてるんだということを再確認しますね。サーファーの先輩はもちろん、 人生の先輩も(親も含めて)然りです。サーフショップの人たちもサーフィンの先輩です。実際には何も教えてはくれないけど、見よう見まねで勉強させてもらってたんですね。この場を借りてたくさんの先輩達に感謝です。これからもよろしくお願いします。

 

次章 サーフィンの基礎知識 とルール

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark