2013年4月7日

サーフィンの基礎知識とルール | WATERSサーフィン講座

サーフィンには簡単なルールやマナーがあります。
一人がルールを無視すると自分だけでなく、周りの人まで楽しめなくなってしまいます。

ここでは道具選びについても触れてみます。
私は販売する側なのであまり説得力はないかもしれませんが、
いい道具を手にすることが上達の早道なのは事実なのです

 

サーフィンに適した波は左右にブレイク(崩れる)する

surfkiso1

サー フィンを始めてターンできるまでは、
岸に向かってまっすぐ進んでいくのですが、ターンができるようになると
海の中から岸に向かって右に向かって崩れていく波をライト(レギュラー)
左に崩れていく波をレフト(グーフィー)といいます。
ターンができるようになるとこのどちらかにライディングしていくことになります。

 

ルールとマナー

surfkiso2

サーフィンの基本的なルールは
1本の波には一人しか乗れないということです (ワンマンワンウェーブといいます)。
誰かが乗っている波はあとからその波に乗ってはいけません。

レギュラーには乗っていったがグーフィーは誰も乗ってない、
という場合はグーフィーには乗ってもかまいません。

例えば誰かと同時にテイクオフしそうになった時は
その波が最初にブレイクするところ(ピーク)に近いほうのサーファーの波となります。
もしそのサーファーが自分の右側にいてレギュラーに乗っていった場合は
そのままグーフィー方向にライディングしてもかまいません。

サーフィンのマナーとして、
普段の生活でも同じことですが他の人に迷惑をかけないということです。

例えば他の人のライディングの邪魔をしないようにすること。
もし邪魔してしまった時は「ごめんなさい」と素直に謝って下さい。

ぶつかりそうになった時、初心者のときは自分で判断して避けようとしてはいけません。
そういう場合はライディングしている人に避けてもらいます。
お互いが同じほうに避けるとより危険だからです。

 

道具選びは初心者ほど大切

まずサーフィンに必要なのはサーフボード、ウェットスーツ、リーシュコード、 ワックスです。
これらは必ず必要なものです。
あとボードをしまうボードケース、 濡れたウェットスーツを入れるウェットバックや箱、
海からあがってからかぶる水を入れるポリタンク、
大きめのバスタオル、ビーチサンダルも必要です。

一番大切なのがサーフボード選びです。
当店に初めてきてくれる人に多いのが「サーフィンを始めるので安い中古ボードをください」
「なんでもいいからいちばん安いのをください」という人です。

多くの人は「はじめはなんでもいい」といいますがこれが大きな落とし穴なんです。
ある程度の技術のある人は、その技術でどんなボードでもある程度は乗れますが、
技術のない初心者はボードの性能に助けてもらわないと
簡単にできることも難しいものになってしまいます。

サーフボードは自分の身長、体重、レベル、
よくサーフィンするポイントによって変わってきます。
同じ身長、体重の人のボードでもその人が経験のある人なら
その人のボードは初心者にはとても難しいボードです。

これから始める人にあったボードは長さだけでも最低身長+30cm以上、
ノーズ(ボードの先)、 センター(中心)、テール(ボードの一番後ろ)の幅も広めで
厚みもあってアウトライン(サーフボードの外形)がストレートな
ロッカー(ボードのそり)の少ないものがおすすめです。

こういうタイプのボードは
パドリング(ボードに腹ばいになって手でボードを漕ぐことで海の中での移動手段)しやすく、
テイクオフ(波に乗りはじめること)も速いので
ゲッティングアウト(パドルしながら沖に出ること)も楽でたくさんの波に乗ることができます。
(=うまくなるのが速い!)

中古ボードでそういうタイプのボードがあればいいんですが、 ほとんど見当たらないと思います。
サーフィンがはじまるのはテイクオフしてからです。
まずは今の自分にぴったりのサーフボードを手にすることがサーフィンをはやく楽しむ秘訣です。

サーフボードができるまで

次にウェットスーツ選びです。
地域にもよりますがサーフィンするシーズンによって着るスーツも変わってきます。
真冬はセミドライスーツ(保温性の高い生地 と防水ファスナーを使ったスーツ)や
ドライスーツ(海水の浸入がほとんどないスーツ)、
春や秋はシーガル(半袖長丈)やロングスリーブスプリング(長袖膝丈)
夏はトランクス+ラッシュガード(ライクラ生地)やスプリング(半袖膝丈) などが必要です。

基本的にはS、M、Lなどのサイズ分けなのですが、
その既製サイズであう人は100人中1人くらいしかいません。
なのでサーフィン用のウェットスーツはサイズオーダーというシステムが一般的です。
自分の身体を採寸してもらい、ぴったりのスーツをオーダーします。

デザインやカラーを選べるのはもちろん、
身体にぴったりなのでウェットずれもしにくくなります。

サイズのあわないスーツでサーフィンすると
首や脇などが靴擦れのように擦れて傷になり痛くてサーフィンに集中できません。
もちろんウェットスーツが壊れるのもはやいので
修理代がかさみ逆に高い買い物になってしまいます。

ウェットスーツができるまで

リーシュコードはボードの流れ止めのことです。
命綱ではありません。コンペタイプ(細いタイプ)レギュラータイプ(ノーマルのもの)
ビッグウェーブタイプ(長くて太いもの)等がありますが、
まずはレギュラータイプの物を選びます。

ワックスはそのシーズンの水温にあわせて使う硬さが変わります。
真夏は一番硬いTROPICALタイプ、夏はWARMタイプ、春秋はCOOLタイプ、真冬はCOLDを使います。
ボードのテイル部分の滑り止めはデッキパッドを張ります。
ボードが滑るとサーフィンになりません。
ワックスはこまめに塗り替えるようにしましょう。

道具に関しては信頼できるサーフショップでアドバイスを受けて購入することをおすすめします。

最近ではネットを利用して我流で道具を揃え、独学でサーフィンを始めるかたが多いのですが、
そうやってはじめたおおくのかたが
「何年もやってるのになかなかうまくなれない」と、相談に来てくれます。

そのほとんどのかたが上級者が乗るようなとても難しいボードに乗られています。
サーフボードは専門的な知識がなければ選ぶことがとても難しいのです。

これからサーフィンを始めようとするあなたにあった
サーフボードをセレクトしてくれるサーフショップを見つけてください。
そのサーフショップとの出逢いがこれからのあなたのサーフィンライフを大きく左右するのですよ

 

コラム2—「サーファー(↓)」

サーフィンを始めようと思う人はサーファーを見てかっこいいと思うと思います。これは僕のサーフィン哲学なんですが、サーファーは海でも陸でもかっこいい存在であるべきだと思ってます。僕的にはサーフィンがうまくてもそれ以外がダメだとかっこよくないと思ってます。いつでも自分を全ての面で客観的に見てかっ こよくあろうと思ってます。少し前、サーフィンがすごく流行った時期があってサーフボード持ってるだけで「俺サーファー(↑)」 見たいなひとがたくさんいました。一般の人から見ると僕達も同じように見えると思うんですけど、僕は「サーファー(↓)」です。サーファーであるということに誇りを持ってます。着ているものがサーフブランドでサーフボードを持っていてサーフィンしたことがあるからといって 「サーファー(↓)」ではありません。これはやってない人にはうまく伝えにくいんですが、 例えば地球を大切にしようする気持ちや個性的であろうとする気持ち、海に感謝する気持ちなどなど…サーフィンをして初めてわかってくることをたくさん経験して初めて「サーファー(↓)」なんだと思います。サーフブランドを着るのがダメだといってるんではありません 「サーファー(↓)」はみなそれぞれのオーラを持ってます。経験の多い人程大きいオーラを持ってます。そういう「サーファー(↓)」が着るからそういう サーフブランドの服がかっこよく見えるのです。 コラム1の続きになってしまいますが、僕はそういう先輩方を見習ってかっこいい「サーファー(↓)」になりたいといつも思ってます。ファッションに興味があるサーファーは個性的であって下さい。ファッションからサーフィンに入ってきてもいいと思います。たくさんのことを経験してやっぱりかっこいい「サー ファー(↓)」になってください。うまく伝わればいいんですけど…

 

前章 海の基礎知識 ーーー 次章 パドリング、ゲッティングアウト

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark