2013年4月7日

テイクオフ | WATERSサーフィン講座

さあテイクオフです。ここからサーフィンが始まります。
サーフィンはテイクオフできるまでかなりつらい思いをする遊びです。
ですがテイクオフした瞬間、今までの苦労がぶっ飛んでしまうくらい感動します。
この楽しさを知るともう病み付きになってしまいます。

 

行程と動作

toff1 toff2 toff3 toff4

まずテイクオフするまでの行程から説明します。
乗ろうとする波を見つけたら、 岸に向かってパドリングを始めます。
波が追い付いてきてボードが滑り出したらワンアクションでテイクオフ!
これでサーフィンのライディングが始まります。

次はテイクオフの動作です。
パドルしてボードが波にもちあげられ滑り出すと
両手をボードのデッキについて起き上がろうとしながら、
膝を使って跳ねるように足を前のほうに持ってきます。

立ったら両手でバランスをとりながら中腰でライディングします。
この時視線は進行方向で。

大切なのはこの動作をワンアクションで行うということです。
すこしでもタイミングが悪いと、波がいってしまったり、
ワイプアウト(ボードから落ちる)してしまいます。

注意することは前足をボードの中央に持ってくることです。
後ろ足は今はまだバランスのとりやすい位置でかまいません。
前足がベストな位置にあると前足1本でも立てます。

よくありがちなのが視線が下を向いてしまうということです。
視線はいつも進行方向です。近くを見ているとボードが安定しません。

 

家で練習してから

テイクオフがすぐできたという人はほとんどいません。 家で練習してみて下さい。
これをやってから海に行くと上達が全然違います。

部屋で腹ばいになってパドルの姿勢をとります。
波がきて自分が乗ろうとパドルします。そこでワンアクションでテイクオフ!
これを何度も繰り替えしてやってみて下さい
(人にみられるとちょっと恥ずかしいので隠れて練習するように!笑)

 

海での練習方法(スープライディング)

テイクオフでの難関はまず波に乗ることです。
まず初めは崩れた波に乗ってみて下さい。(スープライディング)

インサイドの方ははたくさん崩れた波もあって水深も浅いので、
立って波を待てるしたくさん乗るチャンスがあります。

乗ろうと決めた波(白く崩れる波です)がきたら、
岸に向かってボードを安定させながらパドルを始めスープにおされて波に乗ります。

この時初めはまだ立たなくてもかまいません。
まず波に乗っている感触を確かめてみて下さい。

波に乗りはじめた時、波の斜面を滑っていく感じや、
波に乗っているときのなんともいえないスピード感があります。
この感覚をよく覚えていて下さい。

確実に波に乗れるようになるといよいよ立ち上がります。
ボードが波におされて滑り出した瞬間にワンアクションでテイクオフします。
視線を進行方向に持っていき中腰でバランスをとりながらライディングします。

頑張ってバランスをとって1秒でも長くライディングして下さい。
よくありがちなミスは、焦ってしまいまだボードが滑り出していないのに
立ち上がってしまって波がいってしまうミスです。

ボードが滑り出すまでは焦ってはいけません。
しっかりボードが滑り出してからテイクオフして下さい。

 

うねりからテイクオフ

toff5

スープでテイクオフできるようになったら、いよいようねりからテイクオフします。
まずはゲッティングアウトして波を待ちます。

なるべく早く乗ろうとする波を見つけて岸に向かって助走をつけるようにパドルします。
ボードのテールが持ち上がり始めてボードが滑り出した瞬間のタイミングで
すばやくテイクオフします。
タイミングがあわないと波がいってしまったり、
パーリング(ノーズから水面に刺さる)してしまいます (これ、けっこうこわいですよ!)

前にも説明したと思いますが、
波はうねりで入ってきて岸に近づくにつれて、
波が切り立ってきて上の方から崩れてスープになりブレイクします。

キーポイントは波がうねりのあいだにボードを走り出させるということです。
テイクオフするタイミングはボードが滑り出した瞬間です。
これがとても重要です。

うねりからテイクオフすると
スープライディングとは比べ物にならない程スピードを感じます(最高に気持ちいいですよ!)
しっかりうねりからテイクオフできるようになるまではトライ&エラーの繰り返しです。
くじけずに頑張って下さい

 

コラム4—経験、記憶、思い出

サーフィンを長くしているとたくさんの思い出ができてきます。まず一番初めの記憶として残るのがテイクオフできた瞬間です。この思い出というか感動した瞬 間というのは言葉にできないものがあります。ひとことでいうと「おおおー!!!」です(笑)そこからサーファーとしての経験がスタートしたといっても過言 ではありません。僕も20年以上前のテイクオフした瞬間のことは今でも鮮明に覚えています。サーフィンを続けて行けば行く程たくさんの思い出ができていきます。 初めてローラーコースターができた瞬間や、すごくクリーンないい波でサーフィンした記憶や、 大きい波の時にサーフィンして恐い思いをしたことや、初めてサーフィンしたポイントのこと、 初めてコンテストに出た時のこと、仲間と行ったサーフトリップのこと等、 これらの思い出はあなたにとってのサーファーとしての経験であり、 お金では買えない何ものにもかえがたい財産になります。

 

前章 パドリング、ゲッティングアウト ーーー 次章 ターン

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark