2013年4月7日

ターン | WATERSサーフィン講座

テイクオフしてまっすぐライディングができるようになったら、ターンして横に向かって滑ります。
ターンはとても奥が深く、しっかりマスターしなければ上達の壁にぶちあたってしまいます。
すべての基本になる技なのでしっかり練習して下さい。

 

まずはボトムターンから

turn1

テイクオフして初めにするターンはまずボトムターンです。
テイクオフしてボトム(波の一番水面に近いところ)に降りきったタイミングで
レギュラーまたはグー フィー方向に向かってターンします。
どちらかに方向付けしてそっちの方に滑っていくことになります。

まずフロントサイド(前向き)のボトムターンを説明します。
大切なのはは視線です。ターンしようとする前にターンして向かう方を見ながらターンします。

この時体重の4割を前足に、残り6割を後足にかけながら
膝を軽くまげてターンする方向に体全体を倒します。

間違えてはいけないのが上半身を前に倒し込まないことです。
コツとしては体を倒さず後ろ足の膝を水面につけるようにしてみて下さい。
それだけでとりあえずは曲がっていきます。

 

turn2

次はバックサイド(後ろ向き)のボトムターンです。
やはり視線が大切です。
バックサイド全体に言えることは後ろ向きなので波が見えにくいので力んでしまうということです。

コツとしては後ろ側の手を進行方向に向けてあげると肩が自然と開きます。
ボトムに降りきったタイミングでフロントサイドと同じ体重分担(前 足4、後ろ足6)で
ターンして向かっていく方を見ながら後ろの手を進行方向に向けると同時に、
膝を軽く曲げ後ろ足の後ろに椅子があると思ってそこに軽く座るようにターンします。

どっちのターンも急激にターンするのではなく大きく回ろうとイメージしてターンして下さい

これがターンの基礎になりますが、
ターンはとても奥が深くいろんな種類のターンがあります。
極論をいうと今のサーフィンのライディングは
大きいターンと小さいターンの組み合わせでできています。

難しいターンはあとでまた書きますのでまずこのターンをしっかり覚えて下さい。

 

ボトムターンしたら…

turn3

ボトムターンしたら波が自分に向かって近づいてくるので
反対側に(岸に向かって)ターンしなければいけません。
すぐ反対側にターンしないとライディングが終わってしまいます。

フロントサイド(つま先側)でボトムターンしたら
今度はバックサイド (かかと側)のボトムターンの要領でターンします。
うまくいくコツは波の中腹くらいでターンを始めるということです。

ボトムターンするとすごい速さで波が自分に向かってきます
(波に向かってターンしているので当然ですが…)
中腹くらいでターンしだすとちょうど波のトップでターンできます。

この動きをトップターンといいます。
波の状態にもよりますが、
このボトムターンとトップターンが繰り返しできるように練習して下さい。
この連続の動作がサーフィンのライディングの基礎になります。

 

プルアウト

turn4

ライディングしていて自分の意志でライディングを止めることをプルアウトといいます。
上記までの動きができる人はすでにプルアウトができるはずです。

ボトムでターンしてトップで反対側にターンしなければ自然に波の裏側にでます。
これでOKです。
プルアウトがうまくできるとまわりからかっこよく見えますよ!

プルアウトの種類でアイランドドルフィンというのもあります。
プルアウトしようとした時に波のトップがブレイクしそうで波の裏側にいけない時、
波の面 (フェイス)にボードごと潜ります。
ドルフィンスルーと同じで波の裏に出るので波に激しく巻かれずにすみます。
波のサイズが大きい時にかなり有効です。

難しそうですがボトムターンができれば簡単です

 

コラム5—基本が大事!

ここではターンについて書きましたがここで書いたようにターンができたといっても、まだターンの形ができただけでほんとにいいターンができたわけではありません。僕がまだ全然サーフィンが下手な時先輩に「もっとしっかりターンしろ」とか 「もっと深くターンしろ!」とかいわれて嫌になったものです(笑)でも今になってみれば自分がそれをいう立場になっています。今すぐは分からないとは思い ますが、 ターンのうまいサーファーは誰から見てもスピードがあってきれいですばらしいサーフィンをします。これを読んでサーフィンを練習している人は焦って横に走 ることよりもしっかりボトムターンを練習して下さい。ここの基本が将来きっとあなたにとっておおきなプラスになります。 ボトムターンができないのにいきなり横に走ることを覚えると、サイズが大きくなった時に全然普段のサーフィンができなかったり、オフザリップしたいレベルになったときにどこに当てればいいのかわからなかったりと上達の壁をつくる原因になります。ボトムターンができないと大きい波には決して乗れませ ん。大きい波に乗れないサーファーは認められません。ボトムターンができないとオフザリップはできません。結果しっかりターンを覚えた人の方がはやくうまくな るということです。ターンは大きく、長く、深くで。 何ごとにも言えることですが基本が一番大切ということです

 

前章 テイクオフ ーーー 次章 アップスンダウン

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark