2013年4月7日

アップスンダウン | WATERSサーフィン講座

テイクオフして自分のポジションからは波のブレイクが横に速い場合、
まっすぐボトムに降りてターンしても抜けられないと判断したとき、
アップスンダウンで最短距離を取り、加速して波を抜けます。

 

波のブレイクの速さを判断する

uad1

海でうまいサーファーが
膝を屈伸をくりかえしながら波のフェイス(波の面)を走り抜けるのを見たことがあると思います。
それがアップスンダウンです。

よりレベルの高い人はこのアップスンダウンして走るところ(セクション)を
ボトムターンとトップターンで抜けていくのですが
自分はそれでは抜けられないと判断した場合は
アップスンダウンで加速して速いセクションを抜けていきショルダーにでます。

 

小さいターンの繰り返し

uad2

まずテイクオフする前にその波のブレイクが、速いのかそうでないのか判断して
まっすぐボトムに降りてターンするのか、アップスンダウンするのか判断します。

アップスンダウンは小さいボトムターンと小さいトップターンの繰り返しです。
ただ、ターンをする波のポジションが違います。

まずテイクオフしてボトムにおりきる前に進行方向に小さくターンします。
次にトップに上がる前に反対側に小さくターンします。
この動作の繰り返しがアップスンダウンです。

 

リズム

大切なのは加速するということです。
繰り返しのターンは膝を屈伸してボードに体重をのせるようにします。
また波が掘れてるか、たるいかによっても動きが変わってきます。

波が掘れている時のアップスンダウンは
波のフェイスで膝を屈伸しながら走り抜けます。
つま先側(バックサイドの場合かかと側)のレールを波のフェイスに入れて
少し前足に体重をのせてノーズを下へ向け、
ボトムに降りきる前に前足の体重を抜くとボードが上に上がってくるので、
また下に下ろします。

この動きの繰り返しです。
ボードを下に下ろす時に腰を落とすようにボードに体重をのせるとより加速します。

あと大切なのがターンをくり返すリズムです。
波のブレイクの速さにもよりますが一定のリズムでターンをくり返すのがコツです。

ブレイクの速いセクションを抜けきる前にボトムに降りて
ボトムターンすれば抜けきったところ (ショルダー)でトップターンできます。
これでその波にまた一つ技(マニューバー)を入れたことになります。

カットバック(後記)ができるようになれば
走り抜けてしまってもカットバックしてショルダーに戻り、また技を一つ入れたことになります。

 

レール to レール

こう書くと難しいような気がしますが取り合えずいつも心がけていて下さい。

フロントサイドの場合
つま先側のレールでターンしたら次はかかと側のレールでターンします。
それの繰り返しがレールtoレールです。

アップスンダウンができるようになったら
どのようにボードに体重を乗せればボードが加速するのかおぼろげにわかると思います。

このレールtoレールでターンするたびに加速できれば、
とてもスピードの乗ったきれいなライン
(テイクオフしてからプルアウトするまでのあなたが波の上に描くライン) のサーフィンができ、
どのような波でもスピーディに止まらないサーフィンできます。

ひとことでいえばレールtoレールは
レールへの体重のかけ方とターンする時に傾くことによってうまれる
遠心力をうまく使うことです。
これもとても奥が深いものです

 

コラム6—中級横っぱしりサーファー

アップスンダウンができるようになると速く波が滑ったような感じがするのでちょっとうまくなったような気がします。ここに大きな落とし穴があります。これに味をしめてしまうと横にばっかり走る癖がついてしまいます。でも鋭いオフザリップやローラーコースターは横ではなく縦の動きです。これらの技は全て加速させながら行うボトムターン(ドライブターン)から始まります。だから派手に見えるアップスンダウンよりも地味なボトムターンとレールtoレールをしっか り覚えることが上達への近道なのです。横に走る癖をつけてしまうとついついテイクオフした瞬間から横に走ってしまって本当なら技ができるはずのセクションを走り抜けてしまいます。こうなるとなかなかオフザリップを覚えることができません。癖って恐いですよ!ここに書いたことは経験の多いサーファーと話したことがある人なら 一度は聞いたことがあると思います。みんな同じことをいうということはそこにサーフィンの上達のカギがあるということです! 「またそれかよ!」といわず年上の人のいうことは聞くものです(笑)その人たちは今のあなたのいるレベルを経験してきている人たちなんですから…

 

前章 ターン ーーー 次章 ローラーコースター

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark