2013年4月7日

ローラーコースター | WATERSサーフィン講座

波が最後に全部崩れる時(クローズアウトする時)
その崩れてくるリップにボードを当て込む技をローラーコースターといいます。

うまいサーファーが乗っていると波の裏側からボードのノーズが見えてきて
素早く「ぱしっ」とボードが返るのを見たことがあると思います。

あれです!オフザリップも同じ動きに見えますが技をかけるポジションが違います。

 

意外と簡単

rc1

ローラーコースターは見た目が派手なので難しそうですが、
ボトムターンができる人は意外と簡単です。(まぐれでできることもある)

動き的にはまず
ボードを当て込むところ(波のトップ)に向かってボトムターンして
トップに上がる前(波の中腹くらい)に視線と手、肩を、
当て込んだあとに降りて行く方向に向けると
ボードのボトムにスープがあたってボードが「ぱしっ」と返ります。

 

よくありがちなミス

rc2

よくありがちなミスが
トップでボードを振り回そうとしたり
ボードを返せても波に置いていかれたりしてしまうことです。

まず波に置いていかれるのは
視線と手、肩が 当て込んだあとに降りていく方向を向いていないからです。

サーフィンすべてに言えることですが、
まず目で見て頭が判断してそれから身体が動いてボードが動くということです。
人間の身体はそういう風にできています。(車の教習所で習うあれと同じです)

ローラーコースターも一つのターンと考えて
ターンに入ると同時に次に進んでいく方を見ながら行います。

あとボードを振り回す人に多いのが早く板を鋭く返したい人です。
速く鋭く板を返すことは難しいことで
まずボトムターンで加速してスピードをつけて波に対して垂直に近い角度でトップに上がり、
またそれに近い角度でボトムに向かって降りていかなければなりません。

こういうローラーコースターはかなり難易度が高いものです。
振り回したから速く返るのではありません。
まずは浅い角度で上がって当て込むところから始めます。
しっかり動きをマスターして下さい。

 

ローラーコースターの種類

rc3

よくありがちなミスのところで説明したローラーコースターはオーソドックスなものです。
他にも何種類かあり、崩れたスープの上に乗って走り降りていくフローターや
巻きの強い波の時、飛んでくるリップにボードのボトムにあわせて
飛んでくるリップよりも速くボトムに降りていくロールイン等があります。

基本的なローラーコースターができればできるようになるので、
頑張って練習して少しでも角度をつけて当て込めるように頑張って下さい。

 

成功の秘けつ

すべての技に言えることですが、成功に秘けつはスピードです。
スピードがなければどんな技うまくできません。

スピードをつけるにはしつこい様ですがしっかりしたターンが大切なのです。
レールtoレールでドライブターンを心がけてスピードのあるサーフィンを身に付けて下さい。

あと先程書きましたが視線です。
常に2歩先くらいを見るように心掛けてサーフィンして下さい

 

コラム7—イメージ&DVD

イメージというと抽象的で伝わりにくいのですが、サーフィンにはこのイメージはとても大切です。例えば「自分にはできない」と思っていることは絶対できません。ローラーコースターを例をあげると自分ができないと思っている人にはできません。できなくてもイメージの中(頭の中)だけでもできると思い込んで下さ い。例えばDVD等をたくさん見て好きなスタイルのプロサーファーを見つけて、そのプロサーファーのライディングをあたかも自分がしているイメージをして下さい。で、思い込んで下さい(笑)ちなみに私はサーフィンを初めて3年位の時、もう自分は「トムカレン」でした(笑) 自分が思い込むだけなので誰に迷惑をかけるわけではないのでどんどんイメージすることです。そしてどんどんマネしてみて下さい。イメージすることによってどんどんそのイメージするものに近づいていきます。いくらマネしても決してその人とまったく同じになることはありませんからご安心を…(笑)そしてそのイメージするひとの好きな部分をどんどん盗んで自分の物にして下さい 。嘘のような話ですが本当です!

 

前章 アップスンダウン ーーー 次章 オフザリップ

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark