2013年4月7日

オフザリップ | WATERSサーフィン講座

オフザリップの動きはローラーコースターに似てますが、
技をかけるセクションが違います。
ローラーコースターのように波にボードを返してもらうのではなく
自分でボードを返します

 

タイミング

otr1

オフザリップは波にボードを返してもらうのではなく自分でボードを返します。
ローラーコースターも自分でボードを返す方がより鋭いローラーコースターになります。

キーになるのはトップに上がっていくタイミングです。
波のトップがちょうど自分がトップに上がっていくころに
リップが出てくるようにタイミングをはかってボトムターンします。

これはたくさん練習してタイミングをつかむしかありません。

 

やっぱりボトムターン

otr2

オフザリップはボトムターンしながら崩れそうなリップを狙ってトップに上がっていき
波の中腹くらいでボードを返す体勢に入り、
ボードのテール(後ろ足)を押し込みながら(蹴り込みながら)前足を引き込みます。

この時の動きはほとんどローラーコースターと同じですが、
自分でサーフボードを返す分難易度が高くなります。

やはり鋭いオフザリップをするには深いボトムターンとスピードが必要です。
あとローラーコースターはほとんどの場合、それでライディングは終わりますが、
オフザリップはそのあとも波が続きます。
なのでオフザリップしながら次の進行方向を見極め、判断しながら行うことが大切です。

 

オフザリップの種類

otr3

オフザリップにはその進行形にオフザトップがありエアリアルもこの進行形です。

オフザトップはこのオフザリップするセクションでより深くレールを入れ
板を蹴り込ながらトップでカーブさせリップをえぐります。
うまくいったときは激しくスプレー(水しぶき)が飛びます。

エアリアルは波のこぶをジャンプ台代わりにして飛ぶそうです。
これは某有名プロサーファーに聞いた話です。
僕はエアリアルができないので参考にして下さい… (ごめんなさい)

 

バックサイドの方が簡単

オフザリップはバックサイドの方がボードを返しやすい分簡単です。

まずボードを返そうと思うところにしっかり上がっていくことです。
フロントサイドと同じで波の中腹くらいから返す体勢に入ります。
トップでは上半身をボードを返す方向にひねります。

フロントサイドにも言えることですが
初めは浅い角度でターンしてトップへ上がっていきしっかりした動作を覚えて下さい。
それから徐々に深いボトムターンから鋭いオフザリップができるように練習して下さい。

 

コラム8—ライバル

サーフィンがうまくなる秘けつとしてライバルを見つけるというのもいい方法です。負けず嫌いの人なら自然にできるとは思いますが初めからのんびり楽しくば かりやっていたのではなかなかうまくなるものではありません。例えばいつも一緒に海に行く友達やいつも海であう人たちをライバルに見立てて 「絶対あいつには負けない!」と思いながらサーフィンするように心がけて下さい。それでお互いレベルを高めあっていくことも上達の近道です。また一緒にコン テストに出てみるのもいい方法です。最近のサーファーには「出ても勝てないから」「自分はコンペじゃなくフリーなサーファーだから…」と、コンテストに出ない人が多いですが、出なければ勝てませんし、 勝つことがすべてではありません。もちろん入賞できた方がいいですが、コンテストに出て自分が周りとくらべてどれくらいのレベルにいるとかを他人(ジャッ ジ)が数字で判断してくれます。それを一つの目標にすれば、たとえ途中で負けてもエントリー代は決してもったいなくないものです。ちなみに○ノバンや○スタビッチは元世界選手権の代表選手です(笑)みんなそこを経験したからこそ今のスタイルがあるんですよ

 

前章 ローラーコースター ーーー 次章 カットバック

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark