2013年4月7日

カットバック | WATERSサーフィン講座

カットバックは常にパワーのあるポジションにい続けるために重要な技で、
これをマスターすると止まらないスムーズなサーフィンが可能になります。

派手ではありませんが玄人受けする技です。

 

とりあえず戻ってみる

cb1

要するにカットバックはショルダーを走り抜けた時あとに、
またパワーのあるショルダーに戻る技のことです。

カットバックにもたくさん種類がありますが
とりあえず走り抜けてしまったと思ったらショルダーに戻ってみて下さい。
戻ってみて体勢を立て直します。

 

ボトムターンの反対のターン

cb2 cb3

カットバックのトップでのターンはボトムターンの反対のターンに似ています。
失速しないようにターンしながらショルダーに戻ります。

フロントサイドのカットバックのトップでのターンはバックサイドのボトムターンに似ており、
バック サイドのカットバックはフロントサイドボトムターンに似ています

 

ラウンドハウスカットバック

cb4

波のショルダーから離れて
大きく回りカールに当て込むカットバックがラウンドハウスカットバックです。

普通のカットバックと違うのが、
かなりショルダーから離れても失速させずに
戻ったショルダーのトップに当て込み(リコシェ)ボードを返します。
失速させずにターンできるのはドライブさせながらターンするからです。

フロントサイドの場合、
まずショルダーを抜けきる前からこの技に入っていきます。
波の中腹あたりでレールを切り返し、
かかと側 (バックサイドの場合はつま先側)のレールをゆっくり入れていきます。

この時いっきに入れるのではなくゆっくり入れていって下さい。
この時体重のかけ方は 前足3後足7です。

その体勢を維持するとボードが加速しながら回りはじめます。
ボードのノーズが岸の方を向いたあたりで最後に当て込むカールを見ます。
ゆっくり後足を踏み込んでいきカールに当たりきる前に元の方向にボードを返します。

これができる様になればどんなカットバックでもできます 。
それ以上にいろんなターンに応用することもできます。

 

その他のカットバック

その他に
ラウンドハウスで最初にレールを切り返す時にフィンを中心に
トップでスナップさせるカットバックをスナップバック、
スナップさせるところでテールを蹴り出すスラッシュバック、
波に倒れ込み波の巻き上がる力を利用して起き上がるのをレイバックといいます。

でもやはり基本になるのはラウンドハウスカットバックです。
きれいに大きく回れるようにしっかり練習して下さい

 

コラム9—うまくなるぞという欲

最近自分より若い人と話してて自分達の若い時よりもうまくなろうという気持ちが小さいのではないかと感じることが多々あります。例えばうまいサーファーを 見ても見てるだけで「あの人はうまいから…」と棚にあげてしまったり…ビッグウェーブにも乗れるサーファーが本物なのに 「大きい波は恐いから入らない、興味がない」とか…夢がない人が多いように思います…僕はサーフィンを初めて1年で「プロサーファーになろう!」と思いまし た。(笑) まあ少し極端ですが、まあプロになるとかじゃなくても自分を上達させるために日本のプロサーファーくらいうまくなるつもりでいた方がいいと思います。うま くなろうという欲がなければうまくなるものもうまくなりません。ビッグウェーブについても初めは誰でも恐いです(僕も恐い…)でも自分のレベルや体調等を考 えて少しづつでもチャレンジしていかなければいつまでたっても乗れません。大きい波を経験しなければ覚えられないことはたくさんあるんです。また波が大きい時には海にいろんなことを教えられます。ビックウェーブについては次の章で書きます。レベルアップしたければ自分に厳しく、うまくなろうという欲を持つことが大切です

 

前章 オフザリップ ーーー 次章 ビッグウェーブ

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark