2013年4月7日

サーフトリップ | WATERSサーフィン講座

サーフィンを続けていると、遠い近いはあるもののみんな旅をします。
海外にトリップする人もいれば、日本の島にトリップする人、
いつもいかないすぐそばのポイントにいくのも旅です。

いつもの週に一回のサーフィンでも海に行くという小さな旅です。
楽しい旅もあれば大変な旅もあります(笑)
でもたくさん旅を していくうちにどんな旅であれ、
あなたにとってかけがえのない経験という財産になります。
たくさんトリップしましょう!

 

旅に出た時点でお邪魔しますという気持ち

旅に出てトラブルを起こすと楽しい旅もだいなしになってしまいます。
旅先では自分達はビジターなのです。
“お邪魔します”という気持ちでサーフィン、行動しましょう。

 

大人数でのサーフィンは避ける

例えば旅先ですごくいい波に当ってしまったとします。
もうすぐにでもサーフィンしたいですよね!
でもちょっと待ってみて下さい。

4人で旅に行っているとして入ろうとしているそのポイントがポイントブレイクで
地元の人らしき人が入っていれば、4人一気に入るのはやめて2人づつ交代で入るべきです。

もしあなたがよくサーフィンするポイントで
いきなり知らない人が4人も入ってきたらどんな気分がするか考えてみましょう

 

郷に入れば郷に従え

海に入って地元の人がサーフィンしていたら
謙虚な気持ちで挨拶して話し掛けてみましょう。
地元の人と仲良くなることがそこで楽しく過ごすキーポイントでもあります。

そのエリア独特のルールがあるかもしれません。
郷に入れば郷に従えです

 

写真、ビデオは考えて

旅に写真やビデオはつきものですが、
ローカルサーファーにとってそのエリアは写真やビデオに撮られたくない場合もあります。

あまり人に知られたくないポイントもあるのです。
撮影はその場の状況を考えてからです

 

コラム11—旅上手

たくさんトリップをしていくうちになれてきて旅上手になるものです。例えば初めのうちは荷物がたくさんになる人もなれてくるに従って 少ない荷物でトリップできるようになります。その荷物で旅を楽しめるのであれば身軽になる分それに越したことはありません。あと旅先での遊び道具です。音 楽を聞く機械や、ベタなところでトランプ、 スケボーや、ギター、ウクレレ等、旅に出るとサーフィンしてばかりではありませんから… あとたくさんサーフィンするのはいいんですが、その地の名所等を訪ねてみるのも旅の思い出なるので訪ねてみるべきです。トリップしても波がないこともあります。そういう時にいかに楽しめるかで旅のうまい下手が決まります。旅は楽しんだもの勝ちですからね…。WATERSではユーザーさんを連れてサーフトリップしています

 

前章 ビッグウェーブ ーーー 次章 サーファーのライフスタイル

 

サーフィン講座TOP

 

 

watersmark