ご協賛いただくメーカー様をご紹介!ターンミーオン

なんかずっと雨ですねえ…むしむし…波ちょっと上がってきたみたいですよ!

Turn Me On

Turn Me On


Turn Me On イメージフォト

Turn Me On イメージフォト

Turn Me On

10/4のファミリーコンテストにご協賛いただくことになったメーカー様をご紹介します

「 Turn Me On 」
TURN ME ON®は2002年のブランド設立以来、コンセプトや物作りへの拘りなどを持ちながら、
大好きな波乗りを楽しみながら洋服を通じて表現してきました。

【 Concept – 想い 】
『 パドルアウトして波に乗る 』
このシンプルなルーティーンに無限の魅力があるサーフィンのように
無駄を省いたスタンダードなデザインをコンセプトに自然の中にいるような心地良い素材感と
都会的で洗練されたスタイルを兼ね備え、街と海それぞれのライフスタイルに寄り添う
ウェアーを提案します。

【 Products – 拘り 】
JAPAN MADE
TURN ME ON®のプロダクトは日本国内の工場で繊細な感覚と高い技術のもと
一点一点丁寧に生産されています。

【 A Story – ルーツ 】
ファッション関係の仕事をしていた親の影響で興味を持った洋服と19歳の夏に
叔父さんに初めて連れて行ってもらったサーフィン。
その両方にどっぷりはまっていた頃ある時雑誌で見たサンディエゴに直感的に惹かれ渡米。
カリフォルニアカルチャーの中でサーフィン三昧な毎日を過ごした後帰国し、
2002年1型のメッセージTshirts、
“CAN ANYONE TURN ME ON!?”-誰か私のスイッチをいれて-
でTURN ME ON®をスタート。
ブランド始動後もアメリカ、インドネシア、南フランス、スペインなどを旅し、
再度訪れたL.Aで時間つぶしに入ったサンタモニカのセレクトショップ・フレッドシーガルで
スタッフから”その服いいね!”とその時着ていた
自分がデザインしたC&Sを褒められたのをきっかけに仲良くなり
コーナー展開で取り扱われL.Aデビューを果たす。
フレッドシーガルでの素敵な出会いの後トパンガビーチで撮った
ビーチで読書するおじさん越しのへっぴり腰サーファーの写真は
年月が経った現在でもブランドのアイコン的ヴィジュアルになり夢の様な一日に。
アメリカでの展開を機に日本でも本格的にコレクションをスタートし
現在は同じコンセプトのもとメンズ/レディース/キッズを展開。


根強いファンが多い日本製のファッションブランド

当店ではかなり昔から取り扱いさせていただいているブランドで
当時、「静岡ではぜひウォータースでお願いしたい」と
わざわざ大阪からショップに来ていただいたのを覚えています

いまでは少なくなった、日本製にこだわったサーファーがサーファーのために作る洋服ブランドです
当店にも根強いファンが多くご購入いただくたびにお喜びの声をいただいております

私も個人的にファンで、着心地抜群でちょっと大人なイメージ…
TEEシャツ1枚にしてもいつまでも飽きずに着ていられる素敵なブランドです

今シーズンはとくに有名セレクトショップでのPOP UP STOREの開催や、
木梨憲武氏プロデュースブランドやファッション誌などとのコラボレーションなど
とてもアクティブに活躍しています

このたびはご協賛ありがとうございます

 

 

WATERS SURF COMPETITION the 17th POP
グレアキャンペーンバナー
boriskovitzバナー
アトムサーフボードバナー
BlackSuitsのロゴ
ラインバナー
サーフィンスクールバナー

 

 

watersmark