3-Cordsの次は「the one」

すいか

ΩΩΩ すいか


ひさしぶりにすいか食べました。夏ですねえ〜
子供の頃は塩かけるなんて邪道だと思ってましたがいまは絶対塩!…みなさんはどっち?

 


chp DNAシリーズ the one new carbonix

ΩΩΩ chp DNAシリーズ the one new carbonix


神戸のchp販売店PLUS.Sさんから写真をお借りしました

 

chp DNAシリーズ the one EPS

ΩΩΩ chp DNAシリーズ the one EPS


chp DNAシリーズ the one EPS

ΩΩΩ chp DNAシリーズ the one EPS


千葉のchp販売店chp westさんから写真をお借りしました

 

いま、パフォーマンスモデルの人気はDNAシリーズ「the one」

当店ではchp中村大輔シェープ、「3-Cords」に多くのかたが乗ってくれています
でもあまりに調子がよすぎて次の乗り換えにお悩みになっているかたが多いようです…

で、chpの他の販売店のライダー、
一般ユーザーさんの人気モデルをリサーチしてみたところ、
いまもう3-Cordsではなく、
写真のDNAシリーズの「the one」が圧倒的な人気なんだそうです!

もともとは
ケリースレーターとピーターダニエルズがデザインした
SLボンザーが特徴の小波からアベレージサイズまで
あらゆる波に対応できるモデルなんですが、
その「the one」のカットデータをベースに、
シェーパーの大輔さんとミーティングして
ユーザーさんのリクエストにあわせて個々にチューニングしているそうです

一般ユーザーさんは乗りやすい感じのパフォーマンスに、
ライダーたちはよりパフォーマンス性を高めたりと、
どのようにチューニングしてもこの「the one」は調子がいいとのこと…

いま3-Cordsに乗られているかた、
次はもちろん3-Cordsをベースにチューニングしてもいいし、
この「the one」を試してみてもいいかも?

 

新しいノーストリンガーEPS+エポキシも!

素材もいま旬のあれがリリースされています…
Markoハイデンシティノーストリンガーフォームを使用した「New Carbonix」
USブランクスのEPSフォームを使用したEPS+エポキシでもオーダーできます

長く乗っていたいとか、
軽くて強いボードがいいかたは、EPS+エポキシがおすすめです

 

プロサーファーレベルならこれは常識

調子いいボードを持っていると次のボード選びに保守的になってしまうもの…
でもじつはこれけっこうな落とし穴で、
気に入ったボードを持っているときほど、次のボード選びをはやく考えるべきなのです

え〜?っておもわれる方が多いと思いますが、
なれた乗りやすいボードからはもう大きな変化が起きにくいから…
レベルの高い人はわかります。プロサーファーレベルならこれは常識です

パフォーマンスボードの次をご検討中のかたはぜひ参考にしてみてください

 

 

DNAバナーboriskovitzバナーATOMサーフボードバナーBlackSuitsバナースクールバナーLINE@バナー