ATOM Surfboard 「EPOLY」オプション

きょうの波

ΩΩΩ きょうの波


穏やかな海でした。無人です…
日曜日だったなあ、やっぱり

 

「EPOLY」Hybrid Construction

ΩΩΩ 「EPOLY」Hybrid Construction

ATOMサーフボードの「EPOLY」をくわしく解説

きのう少しお知らせしたアトムサーフボードの「EPOLY」
工法的にはポリのフォームをエポキシの樹脂でラミネートしたもののことです

一般的にはエポキシレジンといえばEPSフォームがほとんどなんですが
「EPOLY」はポリのフォームをエポキシレジンでラミネートします
違いはフォームだけなんですがフィーリングが大きく異なってきます

メリットは、

  • エポキシレジンでラミネートすると強度がアップします
  • ボードが硬くなるので動きが少し軽くなります
  • 軽すぎないので波の面が悪いときのバタバタ感が軽減されます
  • リペアはポリのフォームなので普通のリペアでOKです
  • オプションチャージをおさえることができます

デメリットは、

  • EPSフォームのほうが軽くできる
  • ボードのヤケがポリとは違う
  • オプションチャージがかかる

なので、

  • 強いボードがいい
  • EPSの軽さ、バタバタ感が嫌い
  • リペアなど、扱いやすいほうがいい
  • シェープのEPSより安くおさえたい

などのご要望におこたえできるとおもいます

強度は       EPS+エポキシレジン = EPOLY > ポリフォーム+ポリレジン
軽さは       EPS+エポキシレジン > EPOLY = ポリフォーム+ポリレジン
硬さ、フレックスは EPS+エポキシレジン > EPOLY > ポリフォーム+ポリレジン
プライスは     EPS+エポキシレジン > EPOLY > ポリフォーム+ポリレジン

アベレージサイズ用のボードでとくによさを感じていただけます
小波用でもおすすめできますがEPSフォーム+エポキシのほうがメリットが多くなります
ソフトな乗り心地がいいかたは、ポリフォーム+ポリレジンがいいです

業界では「ハイブリッド」と呼ばれていて、
これに対応しているブランドも世界中におおくあり、
すべてのボードがハイブリッドの有名ブランドもあります

アトムサーフボードでは、ユーザーさんのご希望にあわせて選択肢をご用意します
EPSフォーム、EPSハイデンシティフォームはもうしばらくお待ち下さい…

きょう、Mach-llと、Leaps’n Boundsができあがってきました!
またご紹介させていただきますね

 

 

chpキャンペーンバナーPukas bannerBlackSuits Cuffキャンペーン バナーグレアラストミニッツキャンペーンバナーvon.macキャンペーンバナーDNAバナーboriskovitzバナーATOMサーフボードバナーBlackSuitsバナースクールバナーLINE@バナー