The Board Room Show Japan 2019、すげーおもしろかったです

The Board Room Show Japan 2019

ΩΩΩ The Board Room Show Japan 2019

日本ではじめて開催された 
The Board Room Showにいってきました!

アメリカですごく盛り上がっている「The Board Room Show」
今年日本ではじめての開催となります

このイベントはサーフボードを中心としたもので、
多くのサーフボードブランドが出店していたり、サーフボードの材料のメーカー、
著名シェーパーのデモシェープや、トークショー、
とあるテーマに沿ってシェープ技術を競うシェープコンテンスト「シェープオフ」などなど、
サーフボード好きなかたならたまらないイベントです

さらに今回は例のミックのスタブインザダークの上映会&パーティも開催されましたよ

 

日本のヴィンテージボードたち

ΩΩΩ 日本のヴィンテージボードたち


日本のヴィンテージボードたち

ΩΩΩ 日本のヴィンテージボードたち

日本のヴィンテージボードがたくさん!

いろんな日本のヴィンテージの展示販売会が行われていました
上の写真のSデッキのボードはMALIBU(chpサーフボードのルーツ)でした

日本のサーフボードインダストリーの歴史を感じます
このボードたち、いくらだったんだろう…?(笑)

 

ATOMサーフボードでも使用しているUSブランクス

ΩΩΩ ATOMサーフボードでも使用しているUSブランクス


白さと強度を両立したアークティックフォーム

ΩΩΩ 白さと強度を両立したアークティックフォーム


いま注目のノーストリンガーハイデンシティフォーム、MARKO

ΩΩΩ いま注目のノーストリンガーハイデンシティフォーム、MARKO

いろんなサーフボードマテリアルをチェック

chpサーフボード、ATOMサーフボードでも使用している業界最大手のUSブランクスや、
白いと評判のArcticフォーム、
いま注目のノーストリンガーハイデンシティEPSフォームMarkoのブースなどでミーティング

私、ショップオーナーで、シェーパーもという立場なのでしっかりお仕事してきました

 

シェープオフで3度も優勝しているリッキーキャロル、クリスクリステンソン、ウェインリッチのトークショー&デモシェープ

ΩΩΩ シェープオフで3度も優勝しているリッキーキャロル、クリスクリステンソン、ウェインリッチのトークショー&デモシェープ


360°から見ることができる特設シェーピングベイは大混雑!

ΩΩΩ 360°から見ることができる特設シェーピングベイは大混雑!


巨匠3人で1本のボードをシェープ

ΩΩΩ 巨匠3人で1本のボードをシェープ


リッキーキャロルのプレーナーワークがやばかった!

ΩΩΩ リッキーキャロルのプレーナーワークがやばかった!


プレミアムなカリフォルニアガン

ΩΩΩ プレミアムなカリフォルニアガン


巨匠3人のシェープサイン

ΩΩΩ 巨匠3人のシェープサイン

巨匠3人で6’8″カリフォルニアガンをシェープ!

今回のシェープオフ(シェープコンテスト)のジャッジとして来日した、
リッキーキャロル、ウェインリッチ、クリスクリステンソンの
トークショー&デモシェープは3人で1本のサーフボードをシェープ

360°から見ることができる特設シェーピングベイで、
まわりはメディアのカメラマンから業界のひと、一般の人と、とにかくすごい人だかり!
なんとか割り込んでシェープのお勉強件写真撮影(笑)

リッキーキャロルのプレーナーワークがすごかった!
荒削りなんてものじゃなくて、プレーナーでどんどん仕上げていく、
プレーナーでディープチャンネルまで作ってしまうんですよ、このひと!
まさに匠の技でした

できあがった6’8″(だったかな?)カリフォルニアガンは、
YUサーフボードのシェーパー植田義則さんへ、
日本のサーフボードインダストリーを牽引してきた
リスペクトの心をこめてと3人からプレゼントされていました

巨匠だからこそ知る、その国のサーフボード創りへのリスペクト
日本のサーフボードインダストリーも50年以上の歴史をへて、
もうそういう時代にきてるんだなあと感じました

 

chpサーフボードブース

ΩΩΩ chpサーフボードブース


chpもSun Waveもボーストもプーカスも!

ΩΩΩ chpもSun Waveもボーストもプーカスも!


なつかしい雑誌広告がいっぱい!

ΩΩΩ なつかしい雑誌広告がいっぱい!

chpサーフボードブースが大賑わい!

日本のサーフボードの歴史といっていいchpサーフボード
ブースはたくさんのひとですごく賑わっていました

中村社長をはじめ、シェーパーの大輔さん、岡野功さん、小田中工場長、
河野ズッチョプロ、岡野教彦プロ、吉川共久プロ、岡部亜紀プロ、
はやい時間には堀越力プロ、河野留偉くんも来ていたみたいです

chpサーフボード、Sun Waveはもちろん、ボースト、プーカスも展示、
ブースにデコレーションされたサーフィン雑誌へ出稿された広告がすごくなつかしかった!
子供のころに憧れた人達がいっぱいでした

いまでは有名になりすぎたハワイの
あのTown & Countryを日本に持ってきたのはchpなんですよ、知ってますか?
一時期あのカリスマ、マットアーチボルドもchpサーフボードに乗っていました

ほかにもYUサーフボード、OGMサーフボード、Harlemサーフボードなど、
日本を代表するサーフボードメーカーや、
Lost、Pyzel、Shape Eye、Channel Island、
オルタナではJosh Hallと海外のトップブランドも出展されてました
Josh Hall、Mayhemもきてました

 

chpクリスマケロイシェープのアートなサーフボード

ΩΩΩ chpクリスマケロイシェープのアートなサーフボード

私がサーフボードにはアートな一面もあると知ったボード

このボード、サンクレメンテのクリスマケロイというシェーパーのボードです
同じ地元、Lostメイヘムの先輩シェーパーです

もう30年くらい前かな?
私がchpサーフボードにサポートしてもらっていたときに、
サーフボードは調子、性能だけではなく、
アートとしての一面もあるんだなあと知ることになった
私にはとても印象深いサーフボードです

いま見るととてもそんな昔のサーフボードには見えませんね
いまオルタナティブというジャンルがありますが
chpには30年も前からこんなボードがあったんですよ

chpは、サーフボードに対する考えかたの次元が違います…
本当に学ぶことが多い、その引き出しには鳥肌モノの歴史がたくさんあります

 

Pukasアクセルロレンツシェープのボードを持つミックファニング

ΩΩΩ Pukasアクセルロレンツシェープのボードを持つミックファニング


Pukasアクセルロレンツがシェープした「Dark」

ΩΩΩ Pukasアクセルロレンツがシェープした「Dark」


これがPukas アクセルロレンツシェープ、Dark+Inn-Ca

ΩΩΩ これがPukas アクセルロレンツシェープ、Dark+Inn-Ca


ミックファニングがスタブインザダークで選んだPukas Axel Lorentzシェープ

ΩΩΩ ミックファニングがスタブインザダークで選んだPukas Axel Lorentzシェープ

あのミックファニングが選んだ 
Pukas Axel Lorentaz「Dark」をチェックしました

あのスタブインザダークでミックファニングが選んだ1本、
数あるトップシェーパーを抑え最高速度を記録した、
Pukasアクセルロレンツシェープの「Dark」が展示されていました

もちろんまじまじとチェック!
EPSなんですがそんなめちゃめちゃ軽くなかったですね
カーボンシートの配置が独自でかなり綺麗な仕上がりでした
フラットなロッカーが印象的でした

このPukas Axel Lorentzシェープ「Dark」、日本で手に入るかもしれません…
興味がある人はお気軽におたずねください

 

スタブインザダーク上映会&パーティ

ΩΩΩ スタブインザダーク上映会&パーティ


スタブインザダーク非売品DVDを手に入れました!

ΩΩΩ スタブインザダーク非売品DVDを手に入れました!

Stab In The Dark、WATERSで見れますよ!

1日目が終わってから別の会場で、
そのスタブインザダークの上映会&パーティが開催されました

日本ではたぶんだれも見たことのないものだと思います…しかも日本語字幕付き!
が、私は帰りの時間があり途中でプルアウト…

が、が!いまはまだ非売品であろうその映画のDVDを手に入れてきました
おそらく静岡ではWATERSだけかもしれない…見たいひとははやくご来店を!
っていうか、これめっちゃおもしろいですよ、絶対見たほうがいいい!

 

日本のサーフボードインダストリーも
はじめは海外のサーフボードを真似るところからはじまり、
どんどんデザイン、技術を吸収、材料も情報も手に入りやすい時代になり、
日本人サーファーがWSLで活躍、世界中のコンテストを転戦サーファーも増え、
2020年にはオリンピックでサーフィンが種目として開催される、
そんな時代のこれからの日本のサーフボードとは…とか想いを巡らせてました

オージーはオーストラリアのボードに乗ってるし、
カリフォルニアでもブラジルでも他の国でもやっぱり同じ、
日本もローカルはローカルのボードに乗るのがかっこいい時代がくると思います
もう外車に憧れて乗る時代ではないかと…車で例えるとわかりやすいかな

日本人が日本のサーフボードに乗って金メダル、
日本人のフリーサーファーが日本のサーフボードに乗って世界中から憧れられる、
うん、それがいちばんかっこいいな!そんな未来がみたいですね

 

 

GLAREキャンペーンバナーヴォンマックキャンペーンバナーBlackSuits リアルブラックキャンペーンバナーDNAバナーboriskovitzバナーATOMサーフボードバナーBlackSuitsバナースクールバナーLINE@バナー