図解付き マナー、ルール違反!スネーキングを解説

きょうの海

ΩΩΩ きょうの海


となりのピークはブレイクしてましたが、よくいって膝…どオンショアだし…
ノーサーフ、仕事をすませて帰ってきました。

 

これがスネーキングです。

ΩΩΩ これがスネーキングです。

前乗りレベルのルール、マナー違反、
スネーキングを図解付きで解説!

きのうお客さんからスネーキングの話しを聞いたので、
SNSにちょっと投稿したところすごい反響でした。

スネーキングと聞いたことがあっても、
実際にどういう行為なのかわからないかたも多いと思い、図解付きで解説しようと思います。
絵が下手でしょ!というツッコミはなしで…(汗)

 

波が入ってきた時点でピークに近い人が優先

基本的なルールとして、波が入ってきたとき
ピーク、一番はじめに波がブレイクするところに近いサーファーが優先です。(左の絵)
レッドのサーファーが乗ろうとした時点で、他のサーファーは邪魔をしてはいけません。

スネーキングとは、右の絵、
優先なレッドのサーファーを回り込んで、無理にピーク側から波を取る行為のことです。
ブルーのサーファーはマナー、ルール違反!

 

コンテストでもルールが変わっています。

ひと昔前のコンテストでは、
波に乗る時点でピークにいるサーファーが優先、一番最初にテイクオフした人が優先とか、
それをめがけて波を取り合っていました。

でもいまは、↑のとおり、波が入ってきた時点でピークに近いサーファーが優先です。

優先なレッドのサーファーの進路を変えさせただけで妨害、インターフェアです。
(スコアリングポテンシャルを妨げた)
これ、知らないかたも多いかもしれませんが、いまは世界共通のルールです。

コンテストのルールが、そのままフリーサーフィンに適用されるわけではありませんが
これは逆にフリーサーフィンのルールが、コンテストで採用されている例かと思います。

 

海での具体例で説明すると…

*波がきたからピークにむかってパドルしたら怒られた…とか…
 この場合、優先な位置のサーファーがいるのに、スネーキングしようとして怒られたんです。

*ピークを追いかけて乗った、前乗りじゃない、でもアウトに戻ると睨まれた…とか…
 無意識でスネーキングしてるんです、これ。

ちなみにビジターがローカルにスネーキングを仕掛けるなんて言語道断!
そりゃ、コラーって怒鳴られますよ(笑)

心当たりあるかたもいらっしゃるのでは?(笑)

 

まとめると…

スネーキングはいまの時代、
前乗りに匹敵する世界共通のマナー違反、ルール違反といっていいと思います。

ひとりでも多くのサーファーに認識してもらって、
みんなでマナーよくサーフィンできれば、すばらしいセッションになりますよね!

たくさんのかたに教えてあげてください。

サーフショップに行ったことがない人、ネットだけ道具揃えてる人も多い時代、
しっかりルール、マナーを覚えて、みんなでたのしくサーフィンしましょうね!

 

これ、WATERSサーフィン講座 第2章 サーフィンの基礎知識とルールの抜粋です。

全14章でご購入いただいたほうがオトクで、内容が濃いです。

WATERSサーフィン講座 全14章はこちらからどうぞ

 

 

PayPayジャンボキャンペーンバナーATOM Surfboard 「ATOM Tech」 CampaignバナーGLARE Summer Campaign 2020バナーヴォンマックミッドサマーキャンペーンDNAバナーboriskovitzバナーATOMサーフボードバナーBlackSuitsバナーWATERSキッズ+ボーイズ応援プログラムバナー