chpカーボニックス、コアフォーム試乗会スタート!

ついに東海地方も梅雨入り…でも波ありますよ!ここ数年梅雨は波があっていい感じ!
でも、今朝海に行くつもりが雨音にめげて2度寝しちゃいました…(汗)

chp中村大輔シェープムササビモデルカーボニックス仕様の画像
chp中村大輔シェープムササビモデル「カーボニックス」仕様 
5’8″(172.7cm) x 19″(48.3cm) x 2 5/32″(5.5cm)

コンペティターをはじめ、ポイントノーズの小波用として人気のあるムササビのカーボニックス仕様
カーボニックスにすることによって浮力が増え、反応がよくなり、ムササビがよさがより引き立ちます

 

chp岡野功シェープIOモデルカーボニックス仕様の画像
chp岡野功シェープIOモデル「カーボニックス」仕様
5’10″(177.8cm) x 18 7/8″(47.9cm) x 2 1/4″(5.7cm)

基本をマスターするのに最適なIOモデルのカーボニックス仕様
浮力が増えてテイクオフがはやくなり、また動きも軽快になります

 

いまケリーをはじめたくさんのWTサーファーが秘かに乗っている新しいEPS素材です
chpでは「カーボニックス」といいます

この2本の新素材のボードをchpが試乗ボードとして用意してくれました
2週間ほどウォータースにありますので、
見てみたい、触ってみたい、乗ってみたいという人はお気軽にウォータースにきてください!

カーボニックスのカーボンクロスの画像
デッキのカーボクロスはテールの強度アップのために使用されているものを全面に使用
エポキシ樹脂と組み合わせることによってさらに強度がアップ!

カーボニックスのカーボンシートの画像
フォームはノーストリンガーのEPSフォームで
ボトムには強度アップとフレックスをコントロールするためのカーボンシートを装備します

いままでのエポキシは「しなる」が売りでしたが、
この組み合わせにより、その先の「もどり」をコントロールすることに成功しました
この「もどり」がスピードを生みます。しなるだけでは失速してしまうんです…

ぜひ試乗してみてください。静岡のスモールな波質にはこの「カーボニックス」がマッチしますよ!

 

chp中村大輔シェープミディアムレアコアフォーム仕様の画像
chp中村大輔シェープミディアムレア「コアフォーム」仕様
5’9″(175.2cm) x 18 1/2”(47cm) x 2 3/16″(5.55cm)

吉川共久プロのシグネイチャーモデル「レア」のNEWモデル、「ミディアムレア」です
このモデルは新しいPOLY素材のフォーム「コアフォーム」を使用します

短めの設定ですが、通常のパフォーマンスボードのレンジで使用するモデルで
スピーディーでドライブのきいたサーフィンがしたいかたにおすすめのモデルです

コアフォームと通常のフォームのカラー比較した画像
通常のフォームとコアフォームのカラーを比較した写真です
写真ではわかりづらいですが「青白い」という表現がぴったりだと思います
コアフォームはコアレジンというレジンを使用します
コアレジンはボード内部の乱反射をおさえ、ボードの焼けをおさえることができるレジンです

コアフォームはレッドとホワイトの2種類があり、おすすめはホワイトです
軽さとフレックス性能を求めるかたは、レッドです

このボードも試乗していただけますよ

6/9(日)の試乗会は終わりましたが、個別に貸し出しますのでこの機会に乗ってみてください
試乗会の様子はこちら

 

しかも!このカーボニックス仕様もコアフォーム仕様も、

「ウォータースサーフボードフェア」の対象となり、カスタムオーダーができます!

6/15(土)までですよ!このオトクなタイミングでオーダーしてくださいね!

 

 

ウォータースサーフボードフェアのバナー
16周年とWEBリニューアル記念セールです!詳細はバナーをクリック!
6/15(土)まで

 

ウォータースメールマガジンのバナー
最近の静波、御前崎の情報やセール、イベント、サーフトリップ情報などなど…
オトク情報をいちはやくお知らせしています
WATERSメールマガジンの登録はこちら!

 

 

watersmark