2013年4月5日

スリランカ 2002 | WATERSサーフトリップ日記

今回は私は写真の説明で本文とサーフポイントガイドはようじの日記を転載しました

 

2月7日

narita
左からたいすけ、たくちゃん、ようじ、しまず、しげお、ゆっこ。それに僕はるまさ

colombo
今回は到着してすぐリコンファームしました。

hikouki
スリランカンエアラインの機内。英語だけど映画が見れる。

出発のちょっと前にカゼをひいて体調が悪いままのトリップになってしまった。最悪。今年もまたスリランカへ。前回の悪夢のような帰路のおかげでエアチケッ トを手にいれていたのでかなりお金をかけずに行くことができた。去年は風があわず波のりはちょっと消化不良ぎみだったので 「今回は波があたりますように」と願いつつの出発。今回の旅のメンバーは ハルくん、たくチャン、ユッコにオレの前回のメンバーにしまず、しげお、たいすけが加わっての7人の御一行様。何がおこるかわからないスリランカエアの飛 行機で成田を出発。オレはここの機内食が大キライ!マズいけど2食メシぬきはキツイのですこしは口にする。去年とちがってモルジブ経由なので少し長めのフ ライト。長いっていっても去年の バンコクの空港にいたことを思いだしたらたいしたことはない。約1年ぶりについたスリランカはそんなにアツくはなく長袖でも大丈夫だった。空港の外へでて いくと今回もまたマンボが笑顔で出迎えてくれた。マンボの弟のパパイヤと前回オレらのガイドをしてくれたカヌジャもいっしょにきていた。パパイヤは日本語 がまったくダメだったのにペラペラになっていたのにはおどろいた。そうして約3時間のカーチェイスドライブの末ヒッカドゥワへ到着。けっこうつかれた。

 

2月8日

babaiya
今回のガイドの一人、マンボの弟のババイヤ。ジュニア選手権で優勝したらしい。

owner
Blue Ocean Villaのオーナー。この人、日本語ぺらぺら!

今回オレらの基地となる宿はblue ocean villaというホテル。前回よりちょっとせまいかな。夕べはかなりおそく宿についたのに朝はやく目がさめた。となりのベットにはすでにだれもいない。め ずらしくハルくんが1番におきていて波チェックにいってるらしい。昨日の話ではけっこう波があるらしい。このあたりのホテルはビーチフロントで前回のホテ ルは部屋からも波チェックができたが今回はウラ口からビーチへでてチェックする。となりにいたガイジンさんが、 「Today is small!」と話しかけてきた。海をみると面ツルのセットでオーバーヘッド。何人かもう海に浮かんでいる。“小波大スキのオレには充分ビックサイズだ よ”と思いつつ部屋に戻り板を準備してラウンド1。メインのポイントのセットはけっこうイイ感じ。でも少し人が多い。ストレッチをしているとハルくんが セットをつかまえて波にのった。その後ろからも人がのってきた。ハルくんは後ノリしてきたこのオージーらしいヤツに逆ギレされおこられたらしい。オレはメ インより少しむこうのポイントへしまずと二人ではいってみた。はいってみたらみためよりも小さくハラ前後。でもそこそこのれる。あまりの小ささに嫌気がし てきたので空いてきたメインの方へパドルでもどるがこっちもイマイチ。結局そのまま海からあがり終了。宿でメシを食べてゴロゴロしていた。

 

2月9日

yozi
今回の作者のようじ。頑張って文章をパソコンでうってくれました。

今日はちがうとこのポイントへ行くためAM5:30起床。しかしハルくんのイビキのおかげではやめにおこされる。いくつかのポイントチェッ クのあとちょっとこぎれいなホテルの前のポイントではいることにする。レフトの波がロングライドできる波で気に入った。午後は宝石工場の見学へ。去年と同 じ所へつれてかれほとんど見物もしないでヒッカドゥワへもどることに。宿の前のポイントでラウンド2。見た目よりは少しはのれて終了。部屋へもどりビール セッション!

 

2月10日

curry
これはチキンカレー。これを全部まぜて食べる。うまい!
でもとり肉にちゃんと火がとうってないとヤバい!

今日はサファリ見物組と留守番組と別行動。サファリ組は朝早くでかけるのでAM5:30起き。しかし今日もイビキでおこされる!しまずはよ く寝てられると思う。オレはかなり寝不足ぎみ。ハルくんがおきだしてからすこし寝れた。宿の前のポイントはロコポイントというらしい。まずはここでラウン ド1。ここの波はけっこうクサイ。でも熱帯魚屋で売ってるような魚が 泳いでいるしウミガメがそこらじゅうにいてなんかイイ感じ。ローカルが何人かはいっていてけっこう乗っている。ローカルがのっていく波に似た感じの波を のってみるとけっこうのれる。たくチャンが奥のほうからセットをつかまえ半笑いぎみでロングライド!かなりよかったはずなのにすました顔をしてもどってき やがった。ムカツク!“いまのよかったね”っていいたかったけど、どうせ“まあまあよかったよ”って返事が返ってくるのがわかったのでシカトしといた。昼 すぎにかなり強く雨がふってきたので部屋でビール。飲んでばっかだけど他にすることがないのでつい飲んでしまう。食べ物もおいしいので飲みすぎてしまいが ちで毎日だれかしらダウンする。今日のビールを始めたとたんにいつもの停電。なんか知らないけど夕方からいつも停電する。しかもそろそろ寝るかの時間に電 気はふっかつする。

 

2月11日

miranga
ガイドのミランガ。イーグルスのホテルカリフォルニアがお気に入りらしい。

sunrise
この日のサンライズ。最高としかいえない。

今日は朝からおでかけ。オレ、ハルくん、たくチャンと今回のガイドのミランガの四人で出発。ニシリーフ、プランテーション、この前はいった ポイントはカバルナというらしい。いろいろチェックしたあとだれもはいっていないサイノマ?サイロマ?ってとこでサーフすることにした。だけど貸切だった のはたくチャンとハルくんだけ。オレがパドルしていく時には2人オレの前をパドルしているヤツがいるのでオレはもう5番目。そこそこのれて終了。カバルナ へ移動することにした。そこで遅めの朝メシをたべていたらサファリ組もここにきて合流した。サファリ組はドライエリアという雨が1年で何日しか降らないと いう所で雨に降られたらしい。よっぽどふだんの行いが悪いヤツがいるらしい。カバルナでラウンド2。風がはいっていて流れがはいっていて鬼パドル!しんど いだけでよくないからあがることに。夕方ヒッカドゥワにもどりロコポイントでラウンド3。はいったときにはまばらだったのにあっというまに30人!オレは セットをあきらめインサイドで待つことにした。これが大正解!アウトのセットはちょっと割れずらくてインサイドにこぼれまくり。そのおこぼれに気づいてい るのはオレだけで独り占めの乗り放題!もう最高!ごちそうさま。夜はビールとメシおいしかった。ごちそうさま!の1日だった。

 

2月12日

tokage
スコールの後にトカゲ出没。たぶん兄弟?

sutoruto
ウィリガマで発見。ストルトフィッシングというらしい。木の上から魚を引っ掛ける。

musi
去年泊まったホテルに夕食に行った時に発見。
虫がすごかった時に明かりの横にこれを吊るすと、1ぴきもいなくなった。すごい利き目

けっこう体が疲れてきたけど夜もはやく寝るので朝もはやい。今日は1日中ヒッカドゥワ。メインのほうはけっこうサイズがあるけどオレは昨日最高だったロコ の方で入ることにした。小さめでもおもいっきりアクションのいれることのできるここのポイントの方がオレ好み。1日通して3ラウンドやったけど昨日ほどよ くない。前ノリされまくりだったし気分がわるい。夜はおきまりビールセッション!おとといはしまず、今朝はたくチャン。今晩はハルくんが体調をくずした。 レストランでチキンチーズなんとかっていうのをオーダーしたはいいけどテーブルにでてくる前にダウンしたハルくんはハラペコでベットの上。オレとしまずで ちゃんとキレイにたいらげといたよ。メチャうまだった。

 

2月13日

city
帰り道にとったスリランカの町並み。

hindu
ヒンドゥらしきたてもの。拡大してみると、細工がすごい。

goback
みんな真っ赤。

今日というか夕べというかとんでもないことが起こった!ユッコとしげおの部屋が火事!!バスルームを燃やしてしまい部屋の中は真っ黒け!夜 は停電してるのでロウソクを灯りにしているんだけどそれが原因。ケガもなくてよかったけどいくらだかお金を払うことになった。ホントはローソクでヘンなこ とをしてたとかしてなかったとか?この前ミランガとしゃべっていたとき「仕事はなにしている?」と聞かれたのでオレは冗談で「ファイヤーマンだ!」と言っ てかなりウケた。たぶんミランガはこの火事で本気にしたはず?朝1ラウンドやってメシを食べて帰りのしたく。メシを食べながら海をみているといいかんじの 波がはいってくる。しかも2人しかはいっていない。かなり波が余っている。ここはタイミングがあえば貸切に。へたにはまるとポイントパニックになってしま う。この辺をうまく自分の流れにもっていくのが楽しむコツらしい。むかえがくるまでそれぞれおみやげを買ったり荷物をまとめたりする。おみやげも紅茶くら いしかないけどね。宝石とかも売っているけど買って帰ってもあげる相手がいないオレには用はない。さびしいね。むかえがきたので空港へ。ここからが1番不 安である。町がにぎやかな所まで走ってきたら渋滞してきた。まさかまた飛行機に乗れないかもしれないとイヤな予感もしたけどとりあえずオシッコのほうが気 になってキツかった。空港についてすんなり飛行機に乗れてとりあえず一安心。まっすぐ成田に帰れるようす。

 

2月14日

飛行機は人がいっぱい。席が空いてないので横にもなれずせまいシートで眠れない。今回はほとんど毎日快眠できなかった。だれかのイビキのせいで。寝不足ながらも無事に成田に到着。とりあえずさむい!が、ちゃんと帰ってこれてよかった。

今回のトリップは前回とまたちがった楽しみ方ができてよかった。マータラのでかいお寺とかラグーンの湖とかの観光とかもまた行きたかったけ ど一日一回は面ツルのいい波だったからまたの機会にってことで。ステーキもうまかったしチョコレートのキャンディバーとかロコポイントのインサイド、カバ ルナレフト、ホテルインペリアルのカルボナーラとかいろいろお気に入りができたしね。カレーは今回はおいしいのがなかったな。

 

サーフポイントガイド

main
ヒッカドゥワメインポイント
ヒッカドゥワでは他よりワンサイズ位大きいかな?1番でかい日で4フィート位だったかな。レフト、ライト両方ある。うねりの向きで必ずどちらかはよくなるみたい。2ラウンドやったけどオレはそのいい波は見つけられなくて乗れなかった。

loko
ロコポイント
今回の宿の前のポイント。ロングライドできるアウトのピーク。これに乗れば チューブセクションあり。オレはここのインサイドの波が好み。ライトとレフト両方あるしね。でもレフトはリップ2発できる程度。しかもそこでワイプアウト するとリーフの上をころがってしまう。ライトはちょっと厚めからはやめのブレイクになる。 軽くトップターンしてカットバックしてアップスしてロールインって感じかな。いい波ならアップスするとこをリップ、リップって感じだけどけっこうダラダラ とくずれちゃう方が多いかな。小波用の板があればおもしろいはず。 こっちのサイズは大きいのでカタ〜アタマってところかな。

sharow
シャローポイント
ポイント名はわかんないけどシャローっていってた。形のいいライトブレイクで 3人ほどはいっていた。3人ほどで定員オーバーって感じだったのでノーサーフ。

milissaa
メリッサ
前回はこことヒッカドゥワだけだったけど今回はチェックにもいかなかった。砂がたまっててよくないっていってたけどロケーションが最高な所だったからいきたかったな。

kabaruna
カバルナ
レフトとライト両方あるけどオレはレフトの方がよかったな。ここはいつもよりちょっとターンをひっぱりたくなる波。ターンをひっぱれるからリップもバチン ときまったはず?他のグループの子にヒューヒューいわれてちょっとうかれちゃった。サイズの方はやっぱりカタ〜アタマってところ。

nisi
ニシリーフ
2度ほどチェックしたけどサイズ不足で岩棚まるだしでノーサーフ。でも形はよさげ。

sayuroma
サイノマ?
ここは今回はじめてつれてきてもらったポイント。サイノマなのかサイロマなのかはっきりした名前はわからないけど名前の由来は女の人の名前らしい。ここは ライトのほうがよかったかな。ちょっと厚めだけど乗れますみたいな波。ちょっと日本海の波に似てたかな。サイズはムネ〜カタ位かな。

wiligamal
ウェリガマレフト
海にむかって左側に岩があってそこからレフトのロングショルダーって感じだったかな?あんまりおぼえてないや。

prantesion
プランテーション
あんまりおぼえてないや。あんまりいい波じゃなかったんだと思う。ここもやっぱりノーサーフ。

ビーチブレイク(no picture. sorry! )
2キロほどのビーチに200mくらいのスーパーダンパー。サイズもけっこうあったと思う。あのブレイクはケリーでもブルースでもメイクすることはできないハズ。

他にもたくさんポイントはあるらしいけど今回はこんな感じ。次のお楽しみってことで。それとこれはあくまでオレの感想なわけでみんなちがう お気に入りがあったと思うし日によってコンディションが変わるわけだからね。オレ的には今回はこんなカンジかな。もっと空いてたらよかったかな。それじゃ あこれでおしまい

 

サーフトリップ日記TOP

 

 

watersmark